G-00ELVS7XZV
お金

ふるさと納税を確定申告する方法

ふるさと納税してますか?

ふるさと納税をしたけど『ワンストップ特例制度』が使用できない人は確定申告が必要です

ワンストップ特例制度が使用できない人ってどんな人なの?

ワンストップ特例制度が使用できない人
  • 1月1日~12月31日の1年間での寄付先が6自治体以上の方
  • 確定申告をする必要のある方(医療費控除などで確定申告する方など)

特に注意してほしいのが確定申告をする予定が無くてワンストップ特例制度を使ったけど、医療費控除などをしたくて確定申告することになった場合です。

確定申告する場合は書類を提出していたとしてもワンストップ特例制度は無効となります

その場合は確定申告書にふるさと納税したことをしっかり書かないとホントにただの寄付になってしまうので気を付けてください!

確定申告の記入方法

ふるさと納税は確定申告書では『寄付金控除』という控除になります

確定申告は『国税庁 確定申告書等作成コーナー』で作成するのが簡単だと思います

作成を進めていき所得控除の入力まで進めてください

所得控除の入力画面の中から『寄付金控除』の項目で入力するをクリックします

寄付先から交付された証明書等の入力で『入力する』をクリックします

寄付金控除、政党等寄付金等特別控除の入力で必要箇所に入力します

寄付先がたくさんあるんだけど全部入力するの?

ふるさと納税など都道府県、市区町村に対する寄付金はまとめて入力することができますよ♪

詳細は寄付金控除、政党等寄付金等特別控除の入力画面の

[入力件数が多い場合の入力方法はこちら]を参照してください

まとめて入力する例

例)A市、B市、C市、D市、E市、F市の5か所に寄付した場合

寄付金額はすべて足して入力します

  • A市:14,000円
  • B市:19,000円
  • C市:4,000円
  • D市:5,000円
  • E市:8,000円
  • F市:3,000円
  • 合計:53,000円

①寄付金受納証明書の受納年月日を記入します

入力先が多くてまとめる場合は代表の一つ

例えばA市の証明書を代表として入力します

②寄付金の種類を選択します

都道府県、市区町村に対する寄付金(ふるさと納税など)を選択

③寄付金受納証明書を確認して該当する箇所にチェックを入れます

④寄付した県と市区町村を選択します

入力先が多くてまとめてる場合は代表の1つを入力します

⑤寄付した金額を入力します

上記の例でいえば53,000円です

※2、000円を引く必要はありません

入力が終わったら『入力内容の確認』をクリックします

別の種類の寄付金がある場合は別の寄付金を入力するをクリックして続けて入力してください

すべて入力したら次へ進むをクリックします

計算結果が出るので確認してOKをクリック

寄付額から2,000円が引かれた額が表示されていると思います

これでふるさと納税(寄付金控除)の入力は終了です。

他にも該当する控除がある場合は入力して進めていってください♪

お得?ふるさと納税! ふるさと納税ってやった方がいいの? みなさんはふるさと納税してますか? サラリーマンでもふるさと納税をするとお得だと聞いた...
ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村